規約・組織 

鶴 桜 会 会 則

[平成28年11月3日制定]

 第1章 総則  

(名称)  第1条 本会は、鶴桜会と称する。  

(目的)  第2条 本会は、男女共同参画の理念に基づき、会員相互の親睦を図り、名古屋工業大学(以下「名工大」という。)の発展に寄与することを目的とする。  

(事務局)  第3条 本会は、事務局を会長指定の場所に置く。また、総会の承認を得て、支部及び部会を置くことが出来る。

 第2章 会員  

(会員)  第4条 本会の会員は、第2条の目的に賛同する女性とし、次の通りとする。   

  • (1)正会員 名工大の学部卒業生及び大学院修了生とする。
  • (2)準会員 名工大の在学生とする。  
  • (3)特別会員 名工大の教職員及び教職員・学生として在籍した者とする。

 第3章 役員及び総会  

(役員)  第5条 本会に次の役員を置くことができる。  

  • (1)会長  
  • (2)副会長
  • (2)副会長  
  • (3)幹事  
  • (4)事務局長  
  • (5)事務局員  
  • (6)監事   

(任期) 第6条 役員の選任は総会の議決によるものとし、その任期は翌々年の総会までの2年とし、再任を妨げない。ただし、役員が任期満了前に欠けた場合の後任の役員の任期は、前任者の残任期間とする。  

(役員の任務)  第7条 役員の任務は、次のとおりとする。

  • (1)会長 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
  • (2)副会長 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは,その職務を代行する。
  • (3)事務局長 事務局長は、本会の事務を処理し、会務に関する書類及び帳簿を管理する。
  • (4)事務局員 事務局員は、事務局長の指示により、本会の庶務、会計等の事務を担当する。
  • (5)監事 監事は、本会の会務及び会計を監査する。 2 役員は、総会において出席者の過半数をもって承認される。  

(会議及び招集)  第8条 会長は、名工大のホームカミングディ等の行事を勘案して、毎年1回総会を招集、主宰するものとする。ただし、必要に応じて臨時総会を開くことが出来るものとする。

2 総会においては、会務の報告その他の議事を審議する。

(議決) 第9条 総会の議事は、出席者の過半数をもって議決し、可否同数のときは、会長が決する。

 第4章 事業  (事業)  

第10条 本会は、第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。  

  • (1)会員相互の親睦に関する事業   
  • (2)名工大の行う事業に対する支援事業   
  • (3)その他本会の目的達成に必要な事業

 第5章 会計  (収入)  

第11条 本会の会計は、会費、寄付金、その他の収入をもって充てる。  2 会費については、別に定めるものとする。  (予算及び決算)  

第12条 予算及び決算は、総会に報告するものとする。  

2 決算は、監事の会計監査を受けるものとする。  (会計年度)  

第13条 本会の会計年度は、総会当日から次期総会前日までの期間とする。  

附 則  この会則は、平成28年11月3日から施行する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鶴桜会役員  

会 長   武藤 敦子  名古屋工業大学 准教授  

副会長   勝尾 智津  名古屋工業大学 特任准教授  

副会長   伊藤 恵利  名古屋工業大学 特任准教授  

幹 事   落合 清恵  名古屋工業大学 ダイバーシティ推進センター 特任准教授 

事務局長  山本 かおり 名古屋工業大学 技術部計測分析課副課長  

監 事   石田 佳子  日本技術士会 男女共同参画推進委員会委員長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・